給与・賞与・退職金の税金

 

 

給与・賞与・退職金の税金記事一覧

扶養範囲内の金額で働くには|パート勤務は月いくらまで?

扶養範囲内の金額で働く方法!パート勤務は月いくらまでなら可能なの?扶養内で働くというのは、既婚女性の大きな悩みの1つとなっています。多くの既婚女性が夫の扶養の範囲内で働きたいと考えているからですね。ただ一方で、“扶養の範囲”ということを詳しく知っている人が少ないのも現実です。扶養内での働き方や扶養内...

≫続きを読む

 

配偶者控除廃止見直しいつから?130万円の壁なくなる?

配偶者控除の廃止・見直しはいつから?130万円の壁がなくなるって本当?政府が進めている所得税改革の1つとして、配偶者控除の廃止が検討されています。配偶者控除というと、専業主婦の強い味方として、たくさんのご家庭で利用されてきた制度になります。では、なぜ今配偶者控除が廃止されようとしているのでしょうか?...

≫続きを読む

 

住民税控除の計算方法|非課税と均等割はいくら支払い?

住民税控除の計算方法にも注意!非課税と均等割はいくら支払い?扶養の範囲内内で働くには、パート勤務を月いくらくらいまでに抑えて働くとお得なのかということについては前回解説した通りです。 ↓↓↓・扶養範囲内の金額で働くには|パート勤務は月いくらまで?前回は103万円と130万円についての解説でしたが、こ...

≫続きを読む

 

所得税とは何ですか?

所得税とはどのようなもの?所得税は、私たち個人がもらう給料などの所得にかかる税金ですが、この「所得」という言葉は、「収入」とは違いますので注意が必要です。つまり、所得とは、簡単にいうと、収入から経費を差し引いた利益のことをいうからです。所得税は、この所得=利益にかけられるわけですが、所得税というのは...

≫続きを読む

 

給与所得の課税方法はどのように行なわれているのですか?

給与所得の課税方法はどのように行なわれているの?所得税の課税方法は、所得の区分により、総合課税・分離課税・源泉分離課税の3種類に分かれています。とはいっても、これはあくまで原則で、いろいろと例外もありますので、下記を参考にして下さい。給与所得の課税方法については、総合課税になります。総合課税とはどの...

≫続きを読む

 

「給与所得」とは何ですか?

「給与所得」とはどのようなもの?所得税が課税される10種類の所得の中で、サラリーマンが受け取る給料やボーナスは「給与所得」になります。この「給与所得」とは、勤務先の会社との雇用契約により支給される労働の対価としての金銭(経済的利益) のことをいいます。少し難しい言い方になりましたが、「給与所得」とい...

≫続きを読む

 

現金で受け取っていても課税されないものはあるのですか?

現金で受け取っていても課税されないものはあるの?現金で受け取っていても、実態は実費の支払いと同じであるという理由で、次のような場合には、課税されないものがあります。具体的にはどうなるの?■残業で食事を支給された場合 残業や宿日直の際に支給された食事については課税されません。■通勤手当 交通機関を利用...

≫続きを読む

 

サラリーマンの必要経費って認められるのですか?

サラリーマンの必要経費は認められるの?サラリーマンは、自営業者のように経費が認められないから損だ!と考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、結論から言うと、サラリーマンでも必要経費は、「給与所得控除」という形でザックリとですが、控除されています。具体的にはどのようなもの?サラリーマンが給料をもら...

≫続きを読む

 

必要経費を実額で計算したいのですが…

必要経費を実額で計算してもいいの?サラリーマンの実際の必要経費を把握するのは難しい面もありますが、他方、実額で経費を把握できる場合には、それによって給与所得の計算をすることを認める必要があります。そこで、特定支出をした場合に限って、年間の特定支出の合計額が給与所得控除額をこえる場合には、そのこえた分...

≫続きを読む

 

住民税とは|普通徴収と特別徴収の違い

住民税とはどのようなもの?サラリーマンが負担する税金は、所得税だけではありません。道府県民税や市町村民税といった住民税の負担もあるからです。住民税は、所得が課税のもとになっているのは所得税と同じなのですが、税率や課税所得の計算の仕方が若干違っています。実際の税額はどうなっているの?住民税には、均等割...

≫続きを読む

 

社会保険料はどれくらいなのですか?

社会保険料はどれくらい?社会保険料といっても、色々あり、やや漠然としてしまいますので、ここでは、広い意味での社会保険料、すなわち労働保険料も含めて見ていきたいと思います。社会保険料の負担はどれくらいなのですか? 社会保険料の負担は、次のようになっています。■社会保険本人の標準報酬月額をベースとして保...

≫続きを読む

 

所得税の計算と申告について

所得税の計算と申告はどうなっているの?所得税は次のように計算します。 ↓課税所得金額×税率=所得税額このようにして計算した所得税額から、税額控除額(住宅ローン控除・配当控除など)や源泉徴収税額を差し引いたものが、所得税の申告納税額になります。個人の所得税の確定申告は、1月1日から12月31日までの分...

≫続きを読む

 

サラリーマンでも確定申告をして実際の経費を控除できるのですか?

サラリーマンでも確定申告をして実際の経費を控除できるの?サラリーマンでも、確定申告を通じて所得税の課税標準と税額を確定させることができる制度があります。「給与所得者の特定支出控除制度」というものなんですが、以下、詳しくみていきたいと思います。サラリーマンでも確定申告できる制度とは?サラリーマンの給与...

≫続きを読む

 

特定支出控除制度の帰宅旅費で、月をまたがって往復した場合は?

月をまたがって往復した場合の帰宅旅費は?サラリーマンの特定支出制度における帰宅旅費については、1月に4往復以内の旅行にかかるものに限ることになっています。仮に、この帰宅旅費について月をまたがって往復した場合はどうなるのかということですよね?月をまたがって帰宅する場合は、それぞれの月に片道1回として計...

≫続きを読む

 

1万円の記念品を従業員に支給した場合、現物給与として税金がかかるの?

事例先日、従業員が成人したので、成人祝いとして1万円の記念品を支給しました。この場合の記念品は、現物給与として税金がかかるのでしょうか?

≫続きを読む

 

弁護士が週1回、他の会社で法律相談をして受け取る謝礼金は、事業所得になるの?

事例検討弁護士事務所を経営しています。G会社の委嘱により、G会社の相談室で、毎週1回、1日3時間程度、法律相談に従事し、毎月5万円の謝礼金を受け取っています。この謝礼金は、事業所得になるのでしょうか?

≫続きを読む

 

保険外交員の所得は何所得になるのですか?

保険の外交員の所得はどうなるの?私は保険外交員しています。保険の外交員の給料には、固定給と歩合給があるのですが、それぞれ何所得になるのでしょうか?

≫続きを読む

 

辞退した役員賞与にも税金がかかるのですか?

辞退した役員賞与にも税金がかかるの?役員の場合、一定の理由があれば、収入がなかったものとして、源泉徴収もされませんし、給与等としての税金もかからないことになっています。

≫続きを読む

 

年間3ヶ月ほど帰国するのですが、その期間の給与も日本で課税されるのですか?

事例で検討非永住者のアメリカ人で、本店はアメリカにある日本支店に勤務しています。給与は、本店からアメリカのA銀行の私の口座に振り込まれ、A銀行から日本国内のB銀行口座に送金されています。年3回ほど出張でアメリカに帰国するのですが、その期間の給与も日本で課税されるのでしょうか?

≫続きを読む

 

大学教授の非常勤講師としての報酬は給与所得になるのですか?

事例検討大学の専任教授で、他大学から委嘱を受け、非常勤講師として報酬を受けています。条件は下記のようなものですが、この報酬は給与所得としてよいのでしょうか?●委嘱は、両大学の学長名の辞令の授受をもって行われる。内容は、非常勤講師として4月1日から1年間、特定の学科の授業を担当することを定めている。●...

≫続きを読む

 

大学教授に支給される委託研究費は、給与になるのですか?

委託研究費は給与所得になるの?わたしの職業は大学教授です。今年度、大学の方から委託研究費として200万円が支給されたのですが、これは、給与所得になるのでしょうか?

≫続きを読む

 

マネキンの報酬は、どのように申告したらよいのですか?

事例検討マネキン紹介所のあっせんによって、販売員の仕事をしているのですが、給与として源泉徴収されているところと、報酬として源泉徴収されているところがあります。この場合、申告はどうしたらよいのでしょうか?

≫続きを読む

 

看護師家政婦紹介所の報酬は、どのように申告したらよいのですか?

事例検討看護師家政婦障害所のあっせんで、家政婦をしています。源泉徴収はされずに報酬を受け取っているのですが、この場合、申告はどのようにしたらよいか?

≫続きを読む

 

給与所得と外交員報酬の社員に会社が旅行費用を負担した場合は、何所得になるのですか...

事例検討私の会社では、従業員全員でオーストラリアへ5泊6日で旅行に行くことなりました。これには1人あたり60万円かかるのですが、会社が半分負担してくれることになっています。旅行費用を会社が負担した場合には、税金がかけられるそうですが、私の会社には固定給と歩合の外交員報酬があります。この場合、何所得と...

≫続きを読む

 

勤続10年目ということで5万円の旅行券をもらいましたが、これは現物給与として課税...

事例検討電気店に勤務しています。このたび、勤続10年ということで、5万円の旅行券を支給されたのですが、これには、現物給与として税金がかかるのでしょうか?

≫続きを読む

 

税理士資格を取得するための専門学校の費用は、特定支出として控除できますか?

事例検討税理士事務所に勤務しています。現在、税理士の資格を取得するため、専門学校に通っているのですが、この費用は、給与所得者の特定支出として控除できるのでしょうか?

≫続きを読む

 

ストックオプションを行使した際の税金はどうなるのですか?

事例検討日本法人であるB会社に勤務しています。B会社の親会社は米国法人A会社です。A社は自社と子会社であるB社の役員と一定の従業員に対し、ストックオプション制度を導入しています。私は、このたびストックオプションを行使し、同日に取得した株式を親会社であるA社に売却しました。すると、行使時のA社株式の市...

≫続きを読む

 

死亡退職した後に送金されたボーナスは、死んだ夫の所得に含めるのですか?

事例検討夫は企業に勤めるサラリーマンだったのですが、9月25日に死亡退職しました。その後、会社から9月分の給料、年末賞与、退職金が送金されました。これらは夫の準確定申告のときに、夫の所得に含めるものなのでしょうか?

≫続きを読む

 

夫が亡くなってから受け取る退職金には、所得税がかかるのですか?

事例検討会社の役員をしていた夫が、3ヶ月前に亡くなりました。この度、私は会社から、夫の退職金として600万円を受け取りました。この退職金には所得税がかかるのでしょうか?また、相続税との関係はどうなるのでしょうか?

≫続きを読む

 

突然解雇された際に、予告手当を受け取ったのですが、これは給与所得になるのですか?

事例検討私は、この度、会社の業績不振を理由に、突然解雇されました。その際、予告手当として50万円を受けとったのですが、これは給与所得になるのでしょうか?ちなみに、私は、毎月50万円程度の給与を受け取っていました。

≫続きを読む

 

退職金の代わりに、受取人が会社の生命保険金の名義を変更したのですが、これは退職所...

事例検討私は、会社の役員をしていたのですが、このたび退職することになりました。退職金は、生命保険契約を解約して支払われることになっていたのですが、私の希望で、退職金の支払の代わりに、その契約の名義を変更することになりました。この生命保険契約は、保険金受取人が会社で、各役員を被保険者になっています。

≫続きを読む

 

企業内退職金制度の改廃等によって支払われた一時金は、退職所得になるのですか?

事例検討企業内退職金制度の改廃等によって、打切支給が実施されました。引き続き勤務する従業員に支払われたこの一時金は、退職所得になるのでしょうか?

≫続きを読む

 

年金受給者が、代行返上後に受け取った一時金は、何所得になるのですか?

事例検討年金受給者です。このたび代行返上により、厚生年金基金制度から確定給付企業年金制度に移行し、一時金を受け取りました。この一時金は、何所得になるのでしょうか?

≫続きを読む

 

退職手当の支給を受けた後、追加払いを受けたのですが、これに関する税金はどうしたら...

事例検討本年の9月に退職しました。このたび勤務していた会社で、退職給与規程が改訂され、私にも新旧規程の差額が支給されることになりました。この差額についての税金は、どのようにしたらよいのでしょうか?

≫続きを読む

 

夫が亡くなった後、退職金の改訂差額を受け取ったのですが、税金はどうしたらよいので...

事例検討夫は、本年3月末にA会社を退職したのですが、8月に亡くなりました。その後A会社から、本年9月に退職金の改訂を行ったということで、改訂差額が送金されました。この改訂差額に関しては源泉徴収がされていないのですが、税金はどうしたらよいのでしょうか?

≫続きを読む

 

取締役に就任し、退職金を受け取ったのですが、これは、退職所得になるのですか?

事例検討このたび取締役に就任したので、それまで使用人として勤務していたことの退職金2,000万円が支給されました。取締役に就任しても、実質的な職務内容に変更はないのですが、これは退職所得になるのでしょうか?

≫続きを読む

 

生命保険外交員が退職金をもらった場合、税金はどうしたらよいのですか?

事例検討私は生命保険外交員だったのですが、このたび退職することになりました。退職にあたり、退職金が支給されることになりましたが、この退職金の税金はどうしたらよいのでしょうか?

≫続きを読む

 

退職慰労金を分割で受け取ることになったのですが、何年分の退職所得になるのですか?

事例検討私は、本年9月に取締役を退任しました。退職慰労金は、株主総会の決議によって、総額2,000万円と決定されていますが、会社の都合で、初回は本年12月に1,000万円を現金で受け、残額は翌年1月から毎月50万円づつ、20回に分けて支給されることになっています。この場合、退職慰労金は、何年分の退職...

≫続きを読む

 

5年ごとに退職金の支給を受けることになったのですが、これは退職金になるのでしょう...

事例検討このたび就業規則と退職金規程の一部が改正されてことに伴い、5年ごとに退職金の支給を受けることになりました。このような打切支給は、退職所得になるのでしょうか?※本人は退職しておらず、その予定もありません。

≫続きを読む

 

会社の倒産のため、未払いの退職金が支給されなくなってしまったのですが、どうしたら...

事例検討昨年の8月に退職しました。その際、退職金1,000万円のうち700万円をもらい、300万円が未払いとなっていました。本年になって会社が倒産し、未払分は支給されないことになったのですが、この場合、退職金が700万円だったとして再計算できるのでしょうか?

≫続きを読む