確定拠出年金・iDeCo(イデコ)・ニーサ(NISA)

 

 

確定拠出年金・iDeCo(イデコ)・ニーサ(NISA)記事一覧

確定拠出年金とは|企業型と個人型、401kの運用解約デメリット

確定拠出年金とは?401kの運用・解約・デメリット年金対策として個人年金保険が知られていますが、それ以外にも将来のために積み立てる商品は色々あります。今回おすすめする確定拠出年金(401K)もその一つです。確定拠出年金(401K)というのは、基本的に60歳以降にならないと引き出すことができない、まさ...

≫続きを読む

 

確定拠出年金とは|制度の仕組みと節税メリット・デメリット

確定拠出年金とは?制度の仕組みと節税、メリット・デメリット確定拠出年金は、節税のメリットがすごく大きくて、確実にしかも先取りでメリットが受けられる制度です。今、低金利で私たちの運用先がない中で、確定拠出年金は、圧倒的に有利な商品といっても過言ではありません。本当に厳密に言うと、家族構成とか年収によっ...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金とは|DCのメリットとデメリット

個人型確定拠出年金(DC)とは?メリットとデメリットについて個人型確定拠出年金(DC)は、法律の改正があったことにより、2017年1月からほぼすべての人が利用できるようになりました。なぜ、法改正があったのかというと、現行の「勤続年数や給与などをもとに決めた額を企業が責任を持って確定的に給付する」とい...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金メリット|所得控除と手数料がおすすめ!

個人型確定拠出年金のメリットとは?所得控除と手数料がおすすめ!老後は誰にでもやってくるものです。何となく不安を感じているのなら、確定拠出年金という制度を使って、自分の老後資産作りをしてみてはいかがでしょうか?私が個人型確定拠出年金を始めたきっかけは、以前勤めていた会社が確定拠出年金制度を導入していた...

≫続きを読む

 

確定拠出年金デメリット|個人型と企業型のメリット

確定拠出年金のデメリットとは?個人型と企業型のメリットは..確定拠出年金のメリットは、主に3つあります。まず1つ目のメリットは、加入者が運用方法を決められるということです。今までの企業年金の場合は、企業が掛け金を拠出して、企業が運用して、その運用の成果にかかわらず、決められた受給額を受けられるという...

≫続きを読む

 

確定拠出年金個人型|2017年からiDeCoがおすすめ

2017年からの個人型確定拠出年金(iDeCo)がおすすめ2017年1月から、これまで加入者が限られていた個人型確定拠出年金(iDeCo)に、現役世代のほぼすべての人が加入できるようになりました。そこで、なぜ今、個人型確定拠出年金(iDeCo)がおすすめなのか、そのメリットについて詳しく解説していき...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金おすすめ比較|NISAよりiDeCo!

NISAと比較しても個人型確定拠出年金(iDeCo)がおすすめ最近は投資というと、NISA(ニーサ)と呼ばれる少額投資非課税制度のことをよく耳にしますよね。もしかしたらすでに、ネット証券会社や取引のある金融機関などから、「うちでNISA(ニーサ)の口座を開きませんか?」という営業を受けているかもしれ...

≫続きを読む

 

確定拠出年金制度(401K)|おすすめ商品の選び方

確定拠出年金制度(401K)におけるおすすめの商品の選び方!確定拠出年金は、DCとか日本版401Kとも呼ばれてるもので、多くの会社で導入されている制度です。ただ、普通の人と話をしていると、「確定拠出年金はうちの会社でもやっているけど、よくわかんないんだよね」とか「商品の選び方がよくわからない」という...

≫続きを読む

 

企業型確定拠出年金|確定給付年金との違いとデメリット!

企業型確定拠出年金と確定給付年金の違いは?メリットやデメリットは?確定拠出年金と確定給付年金は、似たような言葉ですが、「拠出」と「給付」という違いがあります。確定拠出年金とは、拠出する額が確定していて、もらう額が確定していない年金のことを言います。一方、確定給付年金とは、給付される額(もらう額)が確...

≫続きを読む

 

選択制確定拠出年金|節税しながら老後資金を作る方法

選択制確定拠出年金なら節税しながら老後資金が作れます!その方法とは?「本当に年金ってもらえるのかな?」とか「老後に貯金はいくらあれば足りるのかな?」など、あなたは年金に対する不安はありませんか?サラリーマンの場合、厚生年金(老齢厚生年金)と国民年金(老齢基礎年金)に加入しています。年金がもらえるのは...

≫続きを読む

 

企業型確定拠出年金と選択制|iDeCo(イデコ)の節税メリット/2017〜

2017年からの確定拠出年金と選択制確定拠出年金iDeCo(イデコ)の節税メリットとは?今回の確定拠出年金法の改正では、会社や従業員に税務上有利になると言われています。具体的には、2017年1月から加入資格者が拡大しました。これまで加入できなかった公務員や専業主婦、企業年金のある会社の従業員なども、...

≫続きを読む

 

確定拠出年金制度|個人型と企業型、加入対象者が2017年から拡大!

確定拠出年金制度とは?個人型と企業型、加入対象者が2017年から拡大!2001年(平成13年)に確定拠出年金制度はスタートしました。この確定拠出年金制度は、毎月確定した掛金を拠出し、加入者自身が運用方法を決めることができる年金制度になっています。ちなみに、掛金が毎月確定していることから“確定拠出年金...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金専業主婦のメリット|公務員加入はいつから?

個人型確定拠出年金の専業主婦のメリットは?専業主婦・公務員はいつから加入できるの?2017年1月から確定拠出年金法が改正され、専業主婦や公務員の人も、新たに確定拠出年金を利用できるようになりました。それ以外にも、企業年金の会社が規約を変更すれば加入できるとか、私学共済に加入している人が入れるようにな...

≫続きを読む

 

専業主婦の確定拠出年金|いつから個人型に加入できるの?

いつから個人型に加入できるの?専業主婦は個人型確定拠出年金に加入すべき?2017年1月より、専業主婦や国民年金の3号の人も個人型確定拠出年金ができるようになりました。ただ、個人型確定拠出年金の掛金に対して受けられる所得控除は、収入のない人には影響がありませんから、こちらのメリットは受けることができな...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金(イデコ)|積立・運用方法と節税メリット

個人型確定拠出年金(イデコ)の拠出金の積立方法・運用方法・節税メリット..個人型確定拠出年金の拠出金は、毎月銀行からの引き落としで積み立てていくことになります。自分の銀行口座(メインバンク)から、自分の確定拠出年金用の口座の方に、毎月引き落としでお金が移動されることになります。ちなみに、この個人型確...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金公務員|節税メリットと運用商品の選び方!

公務員の個人型確定拠出年金節税メリットと運用商品の選び方!まず個人型確定拠出年金とは何かというと、「自分の年金は自分で作って下さいね」という制度です。その代わり、例えば、「所得税や住民税などの税金を安く節約できるようにしてあげるので、老後の資金は自分で準備して下さいね」ということになっています。この...

≫続きを読む

 

個人型確定拠出年金掛金|公務員はいくらがいい?

個人型確定拠出年金の掛金公務員はいくらがいいの?最近、新聞や雑誌などでも個人型確定拠出年金が取り上げられることが多くなってきたので、「自分もやってみたいな」とか「何となく興味が湧いてきた」と思っている人が増えているそうです。ただ、いざ個人型確定拠出年金をやってみようと思ったとしても、月々いくらくらい...

≫続きを読む

 

野村の確定拠出年金iDeCo(イデコ)がおすすめ!

野村の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)はおすすめ?個人型確定拠出年金(イデコ:iDeCo)の魅力は、税制メリットを受けながら老後の資金準備ができる、やはりこの税制メリットが大きいことに尽きます。特に毎月積み立てる掛金の方が全額所得控除の対象になりますから、非常に注目されています。他にも、個人型...

≫続きを読む

 

確定拠出年金運用方法のコツ|リスクとおすすめ商品利回り!

確定拠出年金の運用方法のコツは?リスクとおすすめの商品利回り!年金の種類には、将来に受け取る給付水準が確定している「確定給付年金」というものと、現在拠出する掛金の水準が一定の「確定拠出年金」というものがあります。この確定拠出年金には、さらに企業型と個人型があります。まず企業型確定拠出年金についてです...

≫続きを読む

 

確定拠出年金(401K)運用方法と実績|利回りでおすすめ!

確定拠出年金(401K)の運用方法と実績運用利回りでおすすめ!「確定拠出年金」という言葉だけは聞いたことがある人は多いと思います。日本版401Kなどとも呼ばれていて、かなり以前から始まった制度ではあるのですが、最近は年金の問題もあって、ようやく企業での導入も増えてきているようです。なぜ401Kと呼ば...

≫続きを読む

 

確定拠出年金でゆとりある老後の生活費夫婦平均額が作れる!

なぜ確定拠出年金はお得なのにあまり広く知られていないの?確定拠出年金というのは、国による老後資金作りのための超有利な制度です。ただ、あまりこのお得な制度のことを教えてくれる人はいません。国や銀行、あるいは税理士、社労士、FP(ファイナンシャルプランナー)などから、確定拠出年金についての話を聞いたこと...

≫続きを読む

 

企業型個人型確定拠出年金のメリットデメリット違い|日本の年金制度の仕組みとは?

企業型・個人型確定拠出年金メリット・デメリットは?その違いは?日本の年金制度の仕組みとは?「年金の制度って何だか複雑でよくわからない」など、自分の年金がどういうものか、意外と知らない人が多いです。年金というのは、老後の生活資金を手当てする制度です。この年金制度は、大きく2つに分かれます。1つは国から...

≫続きを読む

 

老後資金の貯め方・作り方|確定給付年金と確定拠出年金の違い|節税以外のメリット

老後資金の貯め方・作り方は?確定拠出年金がおすすめ!ゆとりある老後生活をするためには、国からもらえる年金だけでは足りず、約4,000万円不足してしまいます。では、どうしたらこの約4,000万円を貯めることができるでしょうか?お金がなかなか貯まらないと悩んでいる人には、2つの心理的なワナがあります。こ...

≫続きを読む

 

老後の資金いくら必要?収支計算でゆとりある生活費の心配解消!

老後の資金はいくら必要なの?老後の生活費の心配は資金計算で解消!「老後なんてまだまだ先のこと、何とかなるさ」「先のことをあれこれ考えるよりも、今のことに集中した方がいいんだ」そんなふうに考えても、何となく老後は不安だなと思ってしまいます。テレビや新聞などでも年金問題がよく言われているし、やっぱり心配...

≫続きを読む

 

企業型確定拠出年金おすすめ|メリットと選択制確定拠出年金との違い

企業型確定拠出年金と選択制確定拠出年金の違い..企業型がおすすめの理由とは?転職しても、万一会社が倒産してももらえる年金、それが企業型確定拠出年金です。この企業型確定拠出年金で積み立てた掛金は、積み立てられた時点で、従業員のものとなります。なので、万一会社が倒産してしまったとしても、年金をもらうこと...

≫続きを読む

 

確定拠出年金の投資信託は分散投資がおすすめ|ドルコスト平均法と投資と投機の違い

確定拠出年金の投資信託は分散投資がおすすめ!100万円を一度に投資するのと、10万円ずつ10回に分けて投資するのとでは、どちらがリスクが低いのかというと、それは当然、時間分散して10万円ずつ分割して投資する方です。これはどういうことかというと、例えば、今日購入しようとしている投資信託が1口10,00...

≫続きを読む

 

確定拠出年金で老後資産は複利運用がおすすめ!

確定拠出年金で老後資産は複利運用がおすすめ!資産運用は銘柄選びより資産配分が重要!資産運用にとって、銘柄選びと資産配分のどちらが重要かという問題があります。銘柄選びというのは、色々な指標などを見て、これは上がりそうだなと思ったものを選ぶことです。資産配分というのは、日本の株や債券、外国の先進国の株や...

≫続きを読む

 

確定拠出年金始め方|企業型と個人型の違いとメリット・デメリット!

確定拠出年金を始めよう!その始め方とは?確定拠出年金とは?そもそも確定拠出年金とはどういったものなのでしょうか。「拠出」という言葉自体、あまり日常会話で使われているものではないので、そこからして何となく難しそうに感じてしまうかもしれません。「拠出」の反対は「給付」ですが、実は、これまで確定拠出年金を...

≫続きを読む

 

確定拠出年金企業型個人型の掛金|定期預金より投資信託がおすすめ!

確定拠出年金の企業型と個人型の掛金は?定期預金より投資信託がおすすめ!企業型確定拠出年金の場合は、法律上、会社の方で規約が必要になります。なので、企業が確定拠出年金を採用するとしても、規約を用意していなければ、社員は企業型確定拠出年金に入ることはできません。ちなみに、企業型確定拠出年金には、選択型と...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)とは|始め方と手数料、節税メリット!

iDeCo(イデコ)とは?始め方と手数料、節税メリット!2017年1月より、企業年金を実施している企業に勤めている人、公務員、専業主婦も確定拠出年金に加入することができるようになりました。ちなみに、従来は、自営業者が対象になっていました。確定拠出年金とは、拠出が確定している年金のことです。拠出という...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)掛金上限額とデメリット&運用方法|主婦・公務員・サラリーマン...

主婦・公務員・サラリーマンのiDeCo(イデコ)!iDeCo(イデコ)の掛金上限額は?確定拠出年金(iDeCo:イデコ)では、働き方や職業によって差が出てきます。この差は、毎月の掛金の上限額が異なるからです。まず自営業者やフリーランス、学生の人は、月額68,000円(年額816,000円)となります...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)手数料|3種類の給付金と運用商品の見直し方法!

iDeCo(イデコ)の手数料とは?iDeCo(イデコ)にはいくらくらいかかるの?確定拠出年金(iDeCo:イデコ)を始める場合、いくらくらいの費用がかかるのでしょうか?まず運営管理機関の費用についてですが、これはどの金融機関を選んでも一律で共通してかかるものがあります。それは、国民年金基金連合会に対...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)金融機関比較おすすめ|SBI/三井住友/三菱東京UFJ/みず...

iDeCo(イデコ)開始前の金融機関比較!SBI・三井住友・三菱東京UFJ・みずほ・りそな..どこがおすすめ?確定拠出年金(iDeCo:イデコ)を始めるには、まず運営管理機関を選ぶことです。運営管理機関というのは、銀行や証券会社、保険会社です。これらの中から、自分に合った運営管理機関1つを選ばなけれ...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)老後生活資金の貯め方|夫婦でいくら必要?|メリットと始め方!

iDeCo(イデコ)で老後生活資金はいくら貯めるべき?貯め方は?iDeCo(イデコ)で老後資金をいくら貯めるべきなのかについては、各家庭の経済状況によっても異なります。とはいえ、そういってしまうとそこで話が終わってしまうので、ここでは一つの参考になるモデルケースを紹介したいと思います。年収が500万...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)とは自分年金|特徴と始め方、金融機関と運用商品の選び方!

iDeCo(イデコ)とは自分年金のこと!その特徴と始め方とは?iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)を一言でいうと、自分自身の老後の生活のために、自分がお金を拠出して、かつ、自分で運用商品を決めて、その運用の成果を60歳以降に受け取るための制度といえます。要するに、iDeCo(イデコ)は「自分年金...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリットとは?|老後資金の作り方!

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリットとは?iDeCo(イデコ)での老後資金の作り方!iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことです。これまでは確定拠出年金のことをDCなどと呼んできましたが、確定拠出年金そのものは、実は「iDeCo(イデコ)」という愛称に変わっても本質的なところは全く変...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)比較|違いとおすすめ!

iDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)比較!違いは?どちらがおすすめ?iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)とNISA(ニーサ)を比較すると、似ている部分と違う部分があります。まずiDeCo(イデコ)もNISA(ニーサ)も運用益が非課税である点は同じです。ただ、iDeCo(イデコ)は、運用時非課...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)ゆとりある老後生活費|厚生年金いくらもらえるか満額25年で計...

iDeCo(イデコ)でゆとりある老後生活費を!iDeCo(イデコ)とは?iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことであり、積み立てるだけで節税ができる制度のことです。実は、確定拠出年金制度自体は、2001年から始まっていたものなのですが、なかなか浸透していかなかったのが実状でした。ところが、...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)仕組み|金融機関と運用商品|掛金上限額と節税メリット!

iDeCo(イデコ)の仕組みとは?おすすめ金融機関と運用商品は?iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことです。このiDeCo(イデコ)をやりたいということになったら、それをとりまとめている運営管理機関(金融機関)が銀行や証券会社になりますので、そこで申し込みを行うことになります。そして、申...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)デメリット|おすすめ金融機関の手数料比較と選び方|変更もOK...

おすすめ金融機関の選び方!iDeCo(イデコ)のデメリットとは?メリットばかりのiDeCo(イデコ)ではあるのですが、当然、デメリットもあります。それは、60歳まで原則として積み立てたお金が引き出せないことです。もちろん、iDeCo(イデコ)の口座に残高がなければ引き出しはありませんが、60歳までは...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)始め方|お金増やす運用方法とは?

iDeCo(イデコ)でお金増やす運用方法!iDeCo(イデコ)の始め方とは?iDeCo(イデコ)を始める前に、まずは投資の基本的な考え方について知っておく必要があります。特にiDeCo(イデコ)を銀行預金ではなく、投資信託を利用して行う場合、運用に関しての最低限知っておいて欲しい知識になります。まず...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)運用商品選び方|リスクとリターン比較!

iDeCo(イデコ)運用商品選び方.リスクとリターン比較NISA(ニーサ)との非課税メリットの違いは?個人型確定拠出年金であるiDeCo(イデコ)には、非課税3点セットというものがあります。まず1点目は、お金を出す時に所得控除があります。2点目は、途中運用している間に資産を売却して入れ替えて、買い直...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)運用商品|どれがおすすめプラン・ポートフォリオ選び方!

iDeCo(イデコ)運用商品どれがおすすめ?プラン・ポートフォリオ選び方とは?iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)を始めたいのだけれど、運用商品は何を選んだら良いのか迷ってしまう人もいると思います。その場合には、以下の3つのファンドを中心に選んでおけばOKです。■普通預金(定期預金)■株式型のイ...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)メリット税金対策|節税効果をシミュレーションで計算!

iDeCo(イデコ)のメリットとは?税金対策で節税効果!iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)に加入すると、60歳まで掛金を積み立てます。つまり、60歳までそのお金を引き出せないというデメリットがあります。その代わりに、税金対策と節税効果が得られるというメリットがあるのです。具体的には、iDeCo...

≫続きを読む

 

iDeCo(イデコ)おすすめ運用方法|預金と債券、株式のみでOK!

iDeCo(イデコ)おすすめ運用方法とは?預金と債券、株式のみでOK!iDeCo(イデコ)の運用方法としておすすめなのが、プロ(機関投資家)の投資手法をマネすることです。要は、機関投資家の運用方法をマネして運用すれば、ほぼ確実にお金が増やせるということです。ちなみに、ここで言う機関投資家とは、銀行や...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)とは|わかりやすく非課税枠・口座選び・デメリットを解説!

NISA(ニーサ)とは?わかりやすく非課税枠等を解説!NISA(ニーサ)というのは、2014年からスタートした新たな非課税制度で、2014年から10年間実施されます。簡単に言うと、年間100万円までの投資であれば、その投資によって受け取った配当金や運用益、売却益などの利益に対して税金がかからないとい...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)口座とは|初心者にわかりやすいデメリット!

NISA(ニーサ)口座とは?初心者にわかりやすいメリット・デメリット!NISA(ニーサ)とは、2014年1月から少額投資非課税制度(NISA)としてスタートしたものになります。少額投資非課税制度と言われても、何のことかわからないと思いますが、「少額」「投資」「非課税」「制度」と区切って、文字の意味か...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)口座開設変更|非課税期間と非課税枠5年後のおすすめ!

NISA(ニーサ)口座の開設と変更!NISA(ニーサ)口座とは?あなたは、NISA(ニーサ)という言葉は聞いたことがあるでしょうか?最近は、大々的にCMを流していたり、新聞や雑誌などでも広告を出したりしていますので、目にしたことのある人も多いと思います。NISA(ニーサ)とは、投資のための新たな税制...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)制度のメリット!非課税枠の繰越はできるの?

NISA(ニーサ)制度のメリットとは?非課税枠の繰越はできるの?最近、テレビCMや新聞などでNISA(ニーサ)という言葉を目や耳にすることが多くなってきましたが、NISA(ニーサ)とは何かご存知でしょうか?NISA(ニーサ)制度というのは、イギリスの個人貯蓄口座を参考にしたもので、日本版の少額投資非...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)制度のデメリット!やった方がいいの?

NISA(ニーサ)制度のデメリット!やった方がいいの?NISA(ニーサ)制度については、今、書店などに行ってもたくさん書籍が出ていて、国を挙げての一大キャンペーンのようになっています。NISA(ニーサ)自体は、毎年100万円(2016年からは120万円)まで新規投資に関する分配金や譲渡益が非課税にな...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)少額投資非課税制度とは|失敗しないおすすめ投資手法と口座開設方...

NISA(ニーサ)少額投資非課税制度とは?失敗しないおすすめ投資手法と口座開設方法!NISA(ニーサ)とは、2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」のことです。具体的には、毎年100万円(2016年から120万円)を上限とする新規購入分を対象に、その配当金や譲渡益等を最長5年間「非課税」に...

≫続きを読む

 

積立NISA(ニーサ)とはいつから|併用・商品移行不可でも投資信託で再投資!

積立NISA(ニーサ)とは?いつから?併用・商品移行不可でも投資信託で再投資!インデックスファンドは積み立てがいいです。特に最近、2018年からスタート予定の積立NISA(ニーサ)の話が出てきて、おおよそその枠組みも決まってきました。積立NISA(ニーサ)でインデックスファンドをドルコスト平均法で買...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)初心者におすすめ!短期より長期投資がお得な非課税メリット!

NISA(ニーサ)は初心者におすすめ!短期より長期投資がお得な非課税メリット!NISA(ニーサ)とは、要するに、株式や投資信託を買う時に、年間100万円(2016年から120万円)までの投資については、配当や儲かった時の売却益が非課税になる制度のことです。例えば、100万円の株式を買ったとして、配当...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)制度とは|主婦におすすめの使い方!

NISA(ニーサ)制度とは?主婦におすすめの使い方!NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度のことです。この制度はその名の通り、毎年最大120万円と、個人が行う少額の投資の範囲内であれば、値上がり益(買った時と売った時で値段が上がっていた時の利益)や、分配金を非課税にしてくれるという制度です。ちな...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)口座開設|非課税期間と5年後の変更移動移管!

NISA(ニーサ)口座開設とは?非課税期間と5年後の変更移動移管!NISA(ニーサ)口座というのは、2014年1月からスタートした制度です。テレビCMなどでもよく目にする機会が多いと思います。ただ、NISA(ニーサ)と言われてもよくわからない、難しそうとか、やってみたいけれどどうやって始めたらよいの...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)口座開設はどこでいくつまで?うまい使い方は?

NISA(ニーサ)口座開設はどこで作れるの?いくつまで作れるの?うまい使い方は?少額投資非課税制度のことを「NISA(ニーサ)」と言います。NISA(ニーサ)とは、ざっくり言うと、上場している株式と投資信託に対する投資が、年間120万円までの分に対しては、通常は2割の税金が取られるところを、儲かって...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)口座おすすめ|初心者は高配当の優待銘柄やETFで有効活用!

NISA(ニーサ)口座おすすめ!初心者は高配当の優待銘柄やETFで有効活用!2014年からスタートしたNISA(ニーサ)制度を利用すると、株式等の売買益や配当金が非課税になります。すでに始めている人も増えていく中で、ある傾向が見られるようになっています。それは、割安で高配当の大型株が人気となっている...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)メリットデメリット|非課税対象商品と注意点!

NISA(ニーサ)メリット・デメリット非課税対象商品と注意点!NISA(ニーサ)が利用できるのは、満20歳以上の日本国内に居住している方が対象になります。例えば、401Kの場合ですと、民間企業の勤労者などといった制限がありましたが、NISA(ニーサ)の場合には、満20歳以上で日本国内に住んでいれば誰...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)非課税枠と期間|初心者におすすめの銘柄と証券会社!

NISA(ニーサ)非課税枠と期間初心者におすすめの銘柄と証券会社!NISA(ニーサ)はアルファベットなのでわかりづらいですが、日本語では、「少額投資非課税制度」と言います。つまり、少額の投資に対しての利益や配当金については、税金を免除するという制度です。投資金額としては、1年間で120万円という非課...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)おすすめ投資商品|口座のうまい使い方!

NISA(ニーサ)おすすめ投資商品NISA(ニーサ)口座のうまい使い方!2014年の1月からNISA(ニーサ)という少額投資非課税制度が始まりました。一体どのような商品に投資をすればよいのかというところは、あなたも考えるところだと思います。そこで、ここでは、これからNISA(ニーサ)で投資を始めよう...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)投資商品ファンドの選び方|確定申告は必要?

NISA(ニーサ)投資商品ファンドの選び方!確定申告は必要?NISA(ニーサ)とは、2014年1月から始まった新しい証券優遇税制です。NISA(ニーサ)口座では、毎年120万円までの投資から生じる利益に課される税金が非課税になります。2013年12月までは証券優遇税制が適用され、利益に対しては税率は...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)投資信託は初心者におすすめ!ネット証券の口座開設方法!

NISA(ニーサ)で初心者におすすめの投資信託!ネット証券の口座開設方法とは?初心者でも長期投資と分散投資を行いながら、少額で手軽に始められる便利なもの、それが投資信託です。投資信託は、ファンドとか投信とも言われていますが、銀行でよくおすすめされたり、確定拠出年金の商品にもあるので、あなたもご存知か...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)活用法|投資信託(ファンド)とETF入門!

NISA(ニーサ)活用法!投資信託(ファンド)とETF入門!株式に投資する投資信託のメリット・デメリットは?NISA(ニーサ)口座で株式に投資する投資信託を選んだ場合、売却益が大きければ大きいほど非課税効果のメリットも大きくなります。なので、仮に株式に投資するファンドで大幅な売却益を確保できたら、非...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)投資いくらから|投資信託の選び方とタイミング!

NISA(ニーサ)投資はいくらから始められるの?投資信託の選び方とタイミング!投資というのは、投資信託であれば、1,000円からでも始めることができます。また、証券会社によっては、500円からでも始めることができます。これは積み立てなのですが、積立投資にすれば、本当に少額から投資することが可能です。...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)とは何ですか?わかりやすく簡単に!

NISA(ニーサ)とは何ですか?わかりやすく簡単に!今まで証券口座を持っていた人や、現在も証券会社に口座を持っていて投資信託を買って保有していたりする人には、NISA(ニーサ)口座の案内が送られてきているかと思います。割とみなさん、証券関係の報告書とか通知書とか、途中経過をお知らせする内容を開けない...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)投資可能額とデメリット|株より投資信託がおすすめ!

NISA(ニーサ)投資可能額とデメリット株より投資信託がおすすめ!NISA(ニーサ)は、日本では「少額投資非課税制度」と呼ばれています。日本の金融税制というのは結構厳しくて、日本の金融商品というのは、自動的にほとんど天引きされるようになっています。預金であろうが株であろうが、申告させると逃げる人もい...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)投資で損したら?非課税期間5年後のデメリット克服方法!

NISA(ニーサ)投資で損したら?非課税期間5年後のデメリット克服方法!NISA(ニーサ)の非課税期間は、最長5年間とされています。しかし、期間終了後新たな非課税枠による移行による継続保有も可能です。ただし、口座開設可能期間は10年なので、今のところ、NISA(ニーサ)制度は10年で終わると考えてお...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)のメリット・デメリットを活用した投資信託の選び方!

NISA(ニーサ)のメリット・デメリットを活用した投資信託の選び方!2014年に始まった少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」ですが、当時から注目が集まり、口座開設の予約は何と320万件に達するほどだったとか。色々な財テク、株などありますが、銀行に普通に預金しているとゼロ金利で全然増えない中、老後...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)贈与税対策|株式で相続税対策!

NISA(ニーサ)贈与税対策!株式で相続税対策!今、NISA(ニーサ)が話題になっています。若者もどんどん使おうと煽っていたりします。基本的に2013年末までの証券税制では、利益に対する税率が10%でした。それが2014年からは20%に戻りました。そうすると以前よりも税金がかかってくるようになります...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)お得な使い方|非課税の仕組みとポイント!

NISA(ニーサ)お得な使い方非課税の仕組みとポイント!NISA(ニーサ)とは、平成26年1月からスタートした少額投資非課税制度の愛称で、株や株式投資信託の取引において、税金面でメリットのある制度です。本来、株式や投資信託の配当金や売買などで得た収益には約20%の税金が課されます。ところが、この制度...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)初心者は配当・株主優待・REITで資産運用!

NISA(ニーサ)初心者なら配当・株主優待・REITで資産運用!2014年1月からスタートした少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」。その株式の銘柄選びのポイントの一つとして、配当と株主優待があります。株式投資を行う場合、利益を得るために値上がり益を狙うというのがまず思い浮かぶのですが、投資や資産...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)投資とリスク|ドルコスト平均法るいとうで資産運用!

NISA(ニーサ)投資とリスクドルコスト平均法のるいとうで資産運用!2014年1月からスタートしたのが少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」です。このNISA(ニーサ)をきっかけに投資を始めようという人も多いようです。そこで、投資の意義や投資をする上でのリスク、注意するべき点などをわかりやすく解説...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)制度概要|非課税5年間と限度額超えた場合!

NISA(ニーサ)制度概要非課税5年間と限度額超えた場合!NISA(ニーサ)というのは、もともとはイギリスのISA(Individual Savings Account)と呼ばれているシステムを日本でもやろうかということで、日本(NIHON)の頭文字“N”をつけて「NISA(ニーサ)」制度として運用...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)制度概要と留意点(事項)とは?

NISA(ニーサ)制度概要と留意点(事項)!少額投資非課税制度NISA(ニーサ)とは?テレビや新聞でNISA(ニーサ)という言葉を目にしたことはありませんか?2014年1月からスタートした少額投資非課税制度、この愛称が「NISA(ニーサ)」です。まずNISA(ニーサ)導入の背景から。上場株式や公募株...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)って何?いつの住民票取得から除票、口座開設、活用方法まで!

NISA(ニーサ)って何?いつの住民票取得から除票、口座開設、活用方法!NISA(ニーサ)というのは、2014年1月から始まった非課税の投資制度ですが、導入後しばらく経っても、制度がなかなかわかりにくいこともあり、まだ手を付けられない人も多いようです。そこでここでは、初心者にもわかりやすいように、N...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)制度概要|開始・改正・見直し変更と期限いつまで?

NISA(ニーサ)制度の概要!開始・改正・見直し変更と期限いつまで?NISA(ニーサ)制度というのは、イギリスのISA制度を参考に日本に導入された制度です。平成25年度税制改正で大幅に拡充手当がされて、平成26年1月から開始されています。具体的には、NISA(ニーサ)制度には、3つのポイントがありま...

≫続きを読む

 

NISA(ニーサ)口座開設と非課税期間終了5年後|住民票・転居・基準日いつの時点...

NISA(ニーサ)口座開設と非課税期間終了5年後!住民票・転居・基準日いつの時点?NISA(ニーサ)制度を使って投資したいという場合には、まずはNISA(ニーサ)口座の開設が必要になります。この口座開設は、その年の1月1日おいて20歳上であれば、基本的に開設できます。また、原則として1人1口座です。...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)とは|概要と非課税枠と活用方法!

ジュニアNISA(ニーサ)とは?概要と非課税枠と活用方法!ジュニアNISA(ニーサ)というのは、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の未成年版のことです。まず投資した商品から利益が出ると、どれくらいの税金がかかるかご存知でしょうか?代表的な金融商品である投資信託の場合、分配金を受け取ったり、売却...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)で贈与・相続対策|ロールオーバー方法!

ジュニアNISA(ニーサ)で贈与・相続対策ロールオーバー方法!成人版NISA(ニーサ)が「貯蓄から投資へ」と、資産を投資性商品へ誘導することを目的とした制度なのに対して、ジュニアNISA(ニーサ)は、資産の世代間移転を促す制度として注目されています。約1,700兆円の個人金融資産の中で、預貯金に滞留...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)と贈与税基礎控除で相続税対策!

ジュニアNISA(ニーサ)で相続税対策!贈与税の基礎控除とは?ジュニアNISA(ニーサ)は、未成年者が口座開設者になります。すると、年間80万円までの毎年の投資原資をどのように作るのかということになります。少し極端な話をすると、0歳の赤ちゃんから口座開設が可能ですから、この0歳の赤ちゃんがどのように...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)非課税枠と引き出し制限|学資保険よりおすすめ!

ジュニアNISA(ニーサ)非課税枠と引き出し制限学資保険よりおすすめ!ジュニアNISA(ニーサ)は、2016年4月からスタートした制度です。もともと2014年1月から成人NISA(ニーサ)があって、年間1人当たり120万円まで非課税で投資ができました。それが今度は子供でも年間80万円まで非課税の枠が...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)は学資保険の代わりになる?

ジュニアNISA(ニーサ)は学資保険の代わりになる?学資保険とジュニアNISA(ニーサ)比較!ここでは学資保険の代替案として、「収入保障保険+投資信託」の組み合わせを考えます。この投資信託のところにジュニアNISA(ニーサ)を使うことになります。まず収入保障保険の仕組みを確認します。収入保障保険とい...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)投資の概要と狙い!

ジュニアNISA(ニーサ)投資の概要と狙い!ジュニアNISA(ニーサ)とは?子供の投資というのが広がっていく可能性が出てきています。というのは、2016年から「ジュニアNISA(ニーサ)」というのが始まったからです。ジュニアNISA(ニーサ)は、2014年から始まった少額投資非課税制度「NISA(ニ...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)おすすめ|メリットと活用方法のまとめ!

ジュニアNISA(ニーサ)メリットと活用方法!おすすめの理由は?ジュニアNISA(ニーサ)とは、子どもの将来に向けた資産運用のための制度です。例えば、金融広報中央委員会の調査をもとに日本証券業協会が作成した「世帯別の貯蓄目的」を見ると、20代、30代、40代のすべての年代で「子どもの教育資金」が1位...

≫続きを読む

 

ジュニアニーサで贈与・相続税対策|子どもNISAで基礎控除をフル活用!

▼ジュニアニーサで贈与・相続税対策★子どもNISAで基礎控除をフル活用!2016年4月からジュニアNISA(ニーサ)制度がスタートしました。ここでは、ジュニアNISA(ニーサ)と贈与を活用した、お子さん世代、お孫さん世代への資産の受け継きの方法を紹介します。ジュニアNISA(ニーサ)というのは、NI...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)制度概要と口座開設方法!

ジュニアNISA(ニーサ)制度概要と口座開設方法まで!平成28年から、未成年者少額投資非課税制度「ジュニアNISA(ニーサ)」が始まりました。ここでは、ジュニアNISA(ニーサ)についてわかりやすく紹介していきます。NISA(ニーサ)という制度は、最近ではよく耳にするようになったかもしれません。です...

≫続きを読む

 

ジュニアNISA(ニーサ)制度概要比較|積立と払い出し・ロールオーバー・生前贈与...

ジュニアNISA(ニーサ)制度概要と比較積立と払い出し・ロールオーバー・生前贈与!平成28年からジュニアNISA(ニーサ)が始まりました。いわゆるジュニアNISA(ニーサ)というのは、未成年者少額投資非課税制度のことで、要はNISA(ニーサ)制度の未成年版です。なので、基本的な考え方は、NISA(ニ...

≫続きを読む